お金の心配が離婚の最大の問題

私が元夫に「離婚したい!」宣言を受けてからパニックに陥って一週間、全く寝られませんでした。
今ある安定したこの生活が一体どうなっちゃうんだろうと、ものすごい恐怖心に襲われて・・・

でも一番の心配事はお金のことでした。
私自身フルタイムの仕事をずっとしてきたとはいえ、今の家のローンはダブルインカムをベースに組んでいたわけで、
この家にずっと住み続けられるかどうか、子供達との生活はどうなっちゃうのか、というのが最大の不安でした。
日本に子供たちと毎年帰省する渡航費も果たして出せるのかどうかも不安でたまりませんでした。

アメリカの都市部と日本の都市部を比較した場合、アメリカの方がお金が掛かります。
住居費、医療費はとにかく高い!
その現実を知っただけで、日本に引き返したくなるほど高いです。

そのためにリタイアメントをしっかりと積み立てる必要があるのですが、そこも国の保障がほとんどないので個人でしっかりと計画しないと非常にみじめな老後を迎えることになります。

こちらの投稿も参照ください⇒
国際結婚するために知っておきたいアメリカの生活費

これがやはりアメリカへ国際結婚した現実なんですよね。

仕事についても、現在の平サラリーマン的な収入ぽっきりだと心細く、かといって昇進したって手取りがそんなにべらぼーに増えていくわけではありません。
上司はせいぜい私の給料から更に25%程度もらっていたくらいでしょうし、税引き後の手取り何て、たかだか知れています。

離婚直後のちょっとした転機

そんな時にたまたま友人に誘われて、「サンフランシスコで、女性でもネットを使ってビジネスができるというような内容のセミナーがあるけど一緒に行ってくれない?」と言われたので参加することにしました。

そこに日本からいらした講師は花井志穂さんというネットビジネスの女性起業家
と言っても彼女は私よりも10歳も若くて、地に足の着いた感じの素敵な女性でした。(^^)

実際に参加したセミナーでは、バイマBUYMAというネット販売を使って主婦でも在宅で稼げるという話で、全く今まで聞いたことのない話でただただ聞いていました。

でも聞いていると至ってシンプルで、こっちで売っているブランドのこんな商品がありますよ、お値段いくらですっていう広告をだして、受注が入ったら、その商品を買って日本の購買者にお届けする、っていう。いわゆるバイヤーになる仕事。

ネットの世界なので誰でもバイヤーになれるとはいえ、やはり海外在住だとその国内でしか見られないショップやブランドのウェブサイトが見られるので、それを日本のお客様に売ることができるという、大きなアドバンテージがあると。

もともと私は怪しい勧誘とか非常に敏感なのですが、今回いらした花井さんにしても、BUYMAで実際に成功されて月100万円とか稼いでいらっしゃるカリフォルニア在住の日本人女性たちにしても、皆さん普通に周りにいらっしゃるような良い方で、その後実際にお友達として続けさせて頂いてる方もいます。

特に生活費の超高いサンフランシスコ在住でBUYMA一本で生活をしてらっしゃる女性には、その後色々と教えて頂きました。

実際に私がやってみた感想は、これはじっくりと時間を取って取り組めば間違いなく利益が発生するなぁということ。実際に私は最初の月にBUYMAに載せてみたあるブランドのバッグパックがぽんぽんと売れて、一つ当たり2,000円ほどの利益になりました。

ただ問題は私の場合、本業で大きなプロジェクトが始まってしまい、あまりにも忙しくてしっかりとBUYMAに取り組む時間を作れなかったので3か月で挫折しちゃったんですけどね。(^^;

もし一日数時間でも時間が取れるのなら、試してみる価値が十分にあると思います。(^^)

BUYMAでバイヤーになるための方法についてはこちら