アメリカではシングルマザーがたくさんいますが、実際に世間ではどんな受け止められ方をして、本人たちはどう感じているのでしょうか?

シングルマザーのイメージって?

私はまだ結婚していた頃、シングルマザーは『一人でたくましく生きる』『アンラッキーな女性』というイメージでした。

シングルマザーというもの自体が遠い存在でした。
まるで私にとっては遠い異国の人たちのような感覚。

だからはっきり言ってあんまり注目したことが無くて。
なのでいざ自分が国際離婚が決まり“そっちの異国の人”になっちゃうことがものすごく恐怖でした。

ある意味、初めて日本からアメリカに留学しに来た時よりも、国際結婚のためにアメリカへ移住した時よりも何十倍も怖かったのです。

実際に自分がシングルマザーになっても、その当時持っていたイメージは今も変わらないです。

ただ、一つ新たなイメージが加わりました。
それは『自分の人生をいきいきと生きる女性』です。

たまたま私の周りにはシングルマザーが少なかったから知らなかっただけで、実際に出会ったり、本やブログなどで知るシングルマザーは、たくましくて明るく人生をエンジョイしている女性たちがたくさんいました。

それはまるで離婚をすることで女性が“受け身な(=結婚していた時の)自分から、積極的な(離婚後シングルになった)自分になる感覚です。

アメリカでもシングルマザーは既婚してる人よりも少ないし、確かにちょっと目立つことだってあります。

だから日本人的な感覚で言うと、周りに今どう思われてるのかなぁ~って思うことだってありますが、そう思った瞬間に周りの目がどうでも良く思えて、自分は自然体でいようと思うんですよね。

子持ちで離婚ってことは人生の最も辛い経験をして乗り越えた女性たちだから、今さら片意地張ったり見栄張ったりすることなんて馬鹿らしくてしないし、自然体だからこそ格好良いんじゃないかなと。

だって男に頼ってないで子供を育ててるってだけですごく格好良いじゃないですか!

アメリカ人男性は自立した女性好き

日本では、か弱くて男について行くタイプの女性が未だに人気だと思いますが(笑)、アメリカ人男性というのは自立した女性を好むんですよね。

なので、理由は上記にある通りシングルマザーははっきりいってモテます。(笑)
いくつになっても関係なく。

残念ながら私自身の話ではないのですが。(苦笑)
一般的に見ていると自分磨きをしているシングルマザーはかなりモテていますね。

キャリアでも成功する

アメリカでは7割の女性が社会進出していても、実際は夫に頼ってキャリアアップのチャンスを逃したり仕事のペースを落とすことが良くあります。

その点、シングルマザーはそんな悠長なことを言ってられません。
元夫からの養育費なんかは確実なものではないですし、夫婦関係が破綻した元夫なんかにいつまでも金銭面で頼るのは、精神的にも人生先に進めてないですからね。

キャリアアップをすることで単に経済的なことだけではなく自己満足が高まることになります

まとめ

一人親で子育ては、肉体的にも心理的にも結婚していた時よりも倍くらいに大変なものです。

それでも今の時代は便利な物が多くて、シングルマザーたちは上手に生活をしています。

シングルマザーになりたての私ですが、アメリカのシングルマザーライフは悪くないかもです♪