2018平昌オリンピックで盛り上がる日本のテレビ番組を観ていました。
普段スポーツなど全く興味が無い私もオリンピックだけは夢中になってしまいます。
世界中の選手たちがオリンピックを最大の目標に、毎日毎日努力を重ねて結果を出す姿というのは、私たちの心に感動を与えますよね。

男子シングルで金メダルを獲得した羽生結弦選手の映像を観ていたのですが
彼の謙虚さと何事にも感謝する心が素晴らしいなと思うのと、その中でもこの言葉にものすごく感動しました。(映像のちょうど3分目過ぎたあたり)

「弱さは強さ」
弱さを転換させれば強さになる。
今回の右足の弱さも強さに変わった。
逆境はチャンス!と。

さらりと言ってますが、怪我や病気など相当の苦労を乗り越えてオリンピック金メダルを獲得という結果を出した人だからこそ説得力がありますね。

皆さんは逆境はどう乗り越えますか?

私は離婚の危機に直面した時、これは人生の危機だと思いました。
それまで信じていたものが根っこから崩壊していく音が聞こえました。
私が当たり前のように信じていたもの~家族揃った生活、夫婦で子供の成長を見守り支え合う姿、将来の家族としての夢。

なんで私がこんな思いをするんだろうと運命を恨みました。
泣いて泣いて泣き続けて。
救いを求めるためにインターネットで様々なキーワードで検索しました。
「悲しみを乗り越える方法」とか「人生辛い」とか、気分がどん底の時は「死にたい」とか。

その中で、人生の危機は飛躍的発展や前進成長のチャンスだということが書かれているものがあり、それを必死に信じようとしました。

どういうことかというと、この世にあるものは表と裏があって表裏一体であると。
良い事の裏には悪い事があり、プラスがあればマイナスがあり、人生が飛躍的に発展する前には必ず試練が待ち構えるというもの。

スポーツ選手が人生の危機を乗り越えた後で大きな栄光を手に入れた人が多いのもその原理だと。
羽生選手が正しくその良い例です。

今の私はどん底状態から脱した段階で、ほんの微かな希望の星が見えている状態です。
でも、一年でここまで来たので、もしかしたらこのまま前を向いて進んでいけばきっと今まで以上の幸せが待っているかもしれません!
ボーっとしていることはもうできません。
一寸の時も惜しんで、今は自分の信じる方向に向かって努力をしています。
(もともと怠け者の私なのでこれだけでも十分進化しました・・・)

世界トップレベルのスポーツ選手の活躍と言葉に、こんな私のような一個人にも大きな学びがありました!

あーそれにしても、羽生選手は格好いい♪