あなたは国際結婚をして『この夫とやっていくのはもう限界!』と思ったことはありますか??

それは大喧嘩をたまたました直後だけ?
それとももう何年も夫婦関係が悪くて悩んでいるのでしょうか?

国際結婚に限らず結婚を続けるのって本当に大変ですよね。。。
良い時もあるけど悪い時もある

じゃあ「結婚が悪い状態の時」ってどの程度頑張れるものなんだろう。

夫婦でちゃんと向き合って改善しようとお互いに思えるなら心配ないけれど、片方が悩んで、相手に分かってもらえなくて、相手に対して諦めちゃってる人もものすごく多い。

はっきり言って世の中にはどう頑張ってもダメなこと、無理なことってあるんです
それは結婚にも当てはまるんです。

離婚しようと決意した理由

私自身のちょっと暗い話になってしまうんですが・・・

今でも思い出すと身震いするんですが、「離婚をしたい!」と元夫にある日突然宣言されてからというもの、私は元夫にありとあらゆる事に文句を言われ、こうなってしまったのは全部私に非があるかのような言われ方をされました。

『自分がこんなに不幸な思いをするのはお前のせいだ!』と言わんばかりに責められまくり、私はその言葉一つ一つを真面目に受け止めて自己嫌悪に陥りました。

『私が悪かったです、ごめんなさい!』とかいっぱいいっぱい言って。

でも、夫のそんな発言を疑問視したのは、さいしょに会ったカウンセラーでした。
「それっておかしくない?」って。

私が元夫にものすごい権幕で文句を言われた内容というのが、

  • 全然僕たちは会話をしない(夫婦の会話。こちらの記事を参考にして下さい:国際結婚が離婚にいたる理由
  • お前はオレの家族や友人たちと親しくない(家族行事にはちゃんと参加してたし彼のお友達とも普通に感じよく接していましたけど)
  • お前が毎年子供たちと日本に行くことが嫌だった!(私たちが日本に行ってる間は自分はお友達とキャンプに行ったりして楽しいと言っていたくせに)

これらに始まり、子供のしつけの仕方や、スケジュール管理の仕方についてなど、とにかくものすごい権幕で毎日まくし立てられていました。

一体全体どうしたんだろうと夫の心理状態を理解すべくありとあらゆる情報をインターネットで探し自分なりに分かったこと。

それは、今現在私が元夫にモラハラを受けているという事実だったんです。

モラハラというのは精神的なDVです。
英語だとモラルハラスメントとは言わずにVerbal Abuse(言葉の暴力)とかMental Abuse(精神的暴力)と言います。

モラハラ人間は相手の自尊心を傷つけるようなことを言ってきます。

「お前が馬鹿だからそうなるんだ」というようなことを何度も何度も言われました。

モラハラ男は自分がそのことに気付いて治そうと努力をしない限り変わらないのです。
そしてほとんどはそういう人間は気付きませんし自分がモラハラをしてるなんて認めようともしません。

DVはこっちが逃げるしかない

私は結婚とは、何があっても継続するのが大人の責任だと信じて疑っていませんでした。
どんなに夫が嫌になっても自分の伴侶として大切にしなくちゃいけないと思い込んでいました。

よっぽど肉体的なDVを受けるなどなければ。

モラハラはDVの一種
結婚を破棄すべき立派な理由です。

人は相手に馬鹿にされて幸せになんか絶対になれません。
そう思って私はこの結婚生活は私にとっても子供たちにとっても良くないと結論を出しました。

世の中の離婚の理由は様々ですが、モラハラに遭う人はなかなか表面に出てこない問題でもあります。

もし夫に理不尽な扱い方をされていると感じたら、その直感を信じて周りの信頼できる人に相談しましょう。