国際結婚に限った話ではなく、結婚生活も何年も経ってくると、あまり仲が良くない夫婦は残念ながらいますよね。
ママ友とのおしゃべりでも同僚の男性社員とのおしゃべりでも話を聞いていると、「この家庭終わってるなぁ」と思うことが結構あります・・・
特に、日本人の知人友人に多く、結婚生活に不満を持ちながら我慢してる人が多いのです。
夫婦共にアメリカ人だとさっさと離婚しちゃうんでしょう。

国際結婚組の夫婦の不仲。
そこには何か共通する問題があるのか。

その理由はずばり、夫婦間の結婚に対する期待値の違いです。
(こちらの記事も参照下さい:国際結婚が離婚にいたる理由~アメリカ人はロマンチスト

結婚しているアメリカ人は伴侶のことを聞かれると皆だいたい嬉しそうに夫や妻のことを褒めます。
国民性が大きく違うというのはありますが日本人は本音レベルで「夫婦はこんなもんでしょう」と口にする気がします。
結婚は契約で成り立っているから、気持ちなんか二の次というか、むしろ夫婦の責任として一緒にいるというスタンス。(冷めてますよね~。)

よっぽど喧嘩が耐えなかったりDVの被害などに遭っていなければ、相手の事に今さら興味ないし何となく嫌だけど、楽しみを他で求めていればそこそこ満足した生活を送れるものですしね。

そんな感じで時が過ぎていけばいいんですが長い結婚生活の間には色んな出来事が起きるもの。
小さな波程度は乗り越えられても大きな波が来た時に夫婦の絆が試されます。

夫婦の関係が危ういと外的要因により、いとも簡単に夫婦関係は崩れてしまいます
外的要因というのは異性の誘惑だったり、辛い出来事(職を失ったり大病を患ったり身近な人の死など)だったり。
それをきっかけに夫婦のどちらかが伴侶に対する気持ちが急に変わるということが起こり得るのです。

そういうことが起こってしまうと、もう片方の伴侶がいくら夫婦で仲良くなるように
努力をしたところで既にもう手遅れなのです。

浮気や不倫が原因で離婚に至るケースは良くありますが
そもそも夫婦仲がとても良かったら第三者に心奪われるなんてことあるでしょうか?
(本気じゃない一時の浮気はまた違う議論ですが…)

もしくはたとえば辛い出来事が起こった時に
家庭に精神的な支えが無ければ外に救いを求めるのが人間の性です。

我が家の場合、元夫の父親の突然の死がきっかけで離婚話となりました。
それは私にとっては突然だったのです。何の予兆もなく。
元夫に「ここ数年特に嫌だった。でも結婚という責任のもと我慢してきた。
だけど、父が死んで残りの人生幸せになりたい!と強く思った」と言われました。
本人すら自分がまさか離婚を切り出すことになるとはと驚いているみたいでした。
でも自分が不幸でどうしても幸せにならなくては!という強い衝動にかられた元夫は、速攻でガールフレンドを見つけたのでした。

私たちの離婚の原因は、義理父の死がトリガーとなって夫を別の女の元に走らせたわけですが、「夫婦仲の悪さ」が下地としてあったわけです
ここ数年は、なんで夫はこんなにもイライラしたり怒るんだろうとは思っていましたが歳のせいだと思い込んでそのことを全く気にしていなかった私。
よくよく思い出せば二人目の子供が出来てから夫が感じ悪くなってきて喧嘩も増えました。
夫は満たされない思いがずっとあったんでしょう。

痛い経験をした私だからこそはっきり言えます。

国際結婚の場合は特に注意が必要。
普段の結婚生活が日本人夫(妻)だったら不満に思うようなことではなくても、こっちが知らず知らずのうちに外国人の伴侶が不満に思っているかもしれないのです。

一見安定しているように見える生活もたまに夫婦関係のセルフアセスメント(自己評価)がとっても重要。
そして夫婦仲が悪いと思うのならば、今すぐにでも具体的に手を打つこと
決定的な事態が起きる前だったら夫婦関係を修復することは可能ですから。

具体的に手を打つと言ってもそんな難しいことではありません。

  • 相手に対して感謝のことばを毎日言う。
  • 相手が喜ぶことちょっとしたことを一日一回は行う(コーヒーを入れてあげるなどでも十分!)
  • 身体に触れるスキンシップを取る(ハグしたり手をつないだりくっついて座ったり)

気持ち悪くてできませんか?(笑)
もしくは相手が酷いのに何で私がそんなことしなくちゃならないの!と腹が立ちますか?

ここは打算的に考えましょう。
今の安定した生活を失いたくないのなら戦略的に行動するのです
賢い妻というのはそういうツボを心得ていると思います。

あなたがこのような行動を起こすことで相手が変わってくるのです
相手も気持ちが満たされるとあなたに優しくなり、あなたが本来好きになった人物に戻ることでしょう。

それでもダメな場合は、今の惰性で送る生活を継続しつつ
いざという自体が起こった時のために水面下で準備をしておくというのも大事な戦略です。(キャリアを積む、貯金、etc.)
まさしく人生のリスク管理
生涯安定した人生なんてあり得ませんよ。

身をもって知らされた私だからはっきり言えます!(^^)