付き合っている彼氏からのプロポーズ。
女性としてこんなにも幸せな瞬間は人生で他にないですよね♪

私もその瞬間のことを今でもはっきりと覚えています。

お互いに結婚を意識し始めると具体的な計画を立てて
いつ頃結婚することにしようなどと話はしていました。
でもいざ彼が私に向かってひざまずいたときは
「きゃあ、いよいよ本番だ!これで私は結婚することになるんだぁ!」と
心の中で叫ぶ私。

自分が世界で一番幸せな女性だと思う瞬間でした。

離婚しちゃったけど(汗)、今でもとても良い思い出です。

あんなにピュアな気持ちでお互いに愛し合っていたのに
結婚期間が10年以上経って二人の関係がすっかり別ものに
変わってしまったことに改めて驚きます。

この幸せ絶頂のときのお互いの気持ちは紛れもなく
“Till death do us part (死がふたりを分かつまで)”でしょう。

この時の気持ちがずっと続いてくれたらいいのに。
その維持をするためにはお互いに相当の努力が必要なんです。

何となく結婚して、あとで遅かった!なんてならないように

結婚を前提に付き合っている時から、どこに住むとか
子供はいつ何人欲しいとか、仕事は続けるかなどの大まかな話はしますよね。

好きで結婚する人とそもそも問題なんてあまり起きないと信じて疑わないし、
この人とだったら一緒に乗り越えていけるだろう、な~んて想像するんです。

でも、結婚生活がスタートしてしばらくすると、お互いの期待していたことと
違うことが出てくるものです。

私の場合、結婚して間もない頃からお金の使い方で揉めることが多かったです。

彼は日常生活ではとことん切り詰めて1ドルたりとも無駄使いを嫌う人でした。
私は無駄遣いはしないのですが、たまにはちょこっと良い物を買って
贅沢をするのが好きなタイプ。

こちらでWhole Foodsといってオーガニック製品のスーパーがあるのですが
結婚当初、私はよくここで買い物をしていました。
庶民派スーパーで買い物をしたい夫に文句を言われ、そんな些細なことで喧嘩。。

「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」なんてことわざが日本にありますが、
等の本人たちにとっては、どんなに小さいもめ事も無いに越したことは無いですよね。

我が家の場合、そういう小さな喧嘩が増えてきて「塵積って山となる」状態で
最後は大爆発したのでした・・

婚前カップルカウンセリングは受けた方がいい!

アメリカでは夫婦関係が悪くなるとカップルカウンセリングというのは一般的なのに、
婚前カップルカウンセリングというのは
ほとんど聞いたことありませんでした。

結婚に対するそれぞれの期待していることを整理するのと
お互いの期待していることを理解し合うためのもの。

これこそどんなカップルにも必要だと思います。

初めて結婚する若者が、何十年と続く結婚生活が具体的にどういったものなのかを
本当に理解しているわけがありませんからね。

しかも、国際結婚組がさらに確認すべき項目は以下の通り。

  • どちらの国に住むか
  • 自分が移住する場合は仕事はできるのか、するのか
  • 子供が生まれたらどう育てるか
  • 日本に帰国する頻度
  • それぞれの宗教観
  • 日本の親が年老いたら将来どうするか
  • 自分がホームシックになったらどうするか

婚前にすべての回答がばっちり決まってないといけないということはありませんが
国際結婚が上手くいくためには外国人の彼(彼女)のあなたに対する
理解が非常に大事
なポイントです。

そのためにも婚前チェック項目をしっかりと洗い出してお互いに話し合いましょう。
お互いを冷静な目線で深く理解し合え揺るぎない絆で結ばれることでしょう。

最後に一つ

長い人生何が起きるか分かりません。
幸せな結婚生活が突然終わってしまうことだって現実にあり得るのです。

国際結婚の場合は、相手の国の婚姻に関する法律を
大まかにでも理解しておくのが非常に大切です。

私は自分が何にも知らないで国際結婚をしてしまったので、痛い目に合いました。
その実体験を通して皆さんに強くお勧めしています。

備えあれば憂いなし!
是非とも万全な準備をしてから(国際)結婚を決断されますように。