遠距離恋愛(遠恋)は結構多くの人たちが頑張ってますよね。
だけど相手が海外だと難易度はUP!
更に相手が外国人だとその難易度は数倍UPする気がします。

国際カップルに限って言うと、従来は、留学中に出会った2人が留学終了と同時にどちらか、もしくは両方が帰国することで遠恋になるパターンや、日本で出会ったカップルの場合は、相手の外国人が日本での留学や就業期間が終わり、母国へ戻るというパターンがあります。
ですが、今はネットの出会いも結構あるので初めから遠恋で始まるカップルというのもいます。

遠恋が続く条件は、将来、二人が一緒になるとお互いが決心しているかどうかです。
その決心が無いと、うまく続いてる時期があったとしてもいずれ関係が終わってしまいます。

現に今離婚した立場で偉そうに言えない私ですが、とりあえず私は国際結婚生活が14年間ありましたので一応遠恋から無事に結婚まで至ったケースということで・・・

私たちが付き合っている時に実行したこと:

  • 6カ月でその関係を続けるかどうかを選択することを前提に付き合いだした
  • 毎日アメリカの彼が朝4時に起きて、私の日本時間の夜10時に電話をすると決めて実行した
  • 各月で、どちらかが3泊5日で会いに行くことを計画した(当時の渡航費が35,000円と安かったのも幸いしました)
  • ちょっと先の旅行計画も立てた
  • 両家への訪問時期と結婚式の時期も計画した

何となく分かりますか?
先のプランがあるから、お互いに会えなくても私は移住のための準備を進め、彼は私を受け入れる準備を進めるということで前向きの生活を送ることが出来ました。

カップルというのは、会話をしなくても一緒にいるだけで安心したり、ボディーランゲージでコミュニケーションを取っているんですよね。
ハグしたり手をつないだり、隣にくっついて座ったりといった身体の触れ合いも重要です。
特に男性というのはそういう部分が大事なんだと思います。

それが日常的に出来ないとなると、電話かSkypeやFaceTimeなどを使ってのコミュニケーションのみに頼ることになります。
ですが、疲れていて何にもしゃべりたくない時でも、相手に連絡をしないと「悪いな」って思うもの。
その小さな罪悪感がたまってくると、男の人は、その関係に負担を感じ始めます。
男の人は、罪悪感が苦手だからです。

もちろんカップルの形は十人十色です。
それでも、物理的な距離があるというのは、それだけで大きな障害ですから
いかにお互いが関係維持に積極的に取り組めるかに掛かってきます。

遠距離恋愛を続けるコツ~アメリカ人男性の視点

遠恋に関するアメリカ人男性の意見が載っているサイトをいくつか参考にして以下にまとめました。

第一に”Long-Distance Relationship is NOT for everyone”(遠恋は合う人と合わない人がいる)と皆はっきり言っています。
遠恋は相当難しいことなので、それだけの努力ができずに相手を傷つけるくらいなら、さいしょから出来ないということのようです。
一番やっかいなのは、出来るとも出来ないともはっきり言えない男ですね。

出来る!と言っている人の意見として、以下の通り。

  1. とにかくコミュニケーション!
  2. 二人がどの頻度でどういった手段で連絡を取り合うか話し合うこと。電話か携帯メッセージかビデオチャットか。連絡を取り合うのは毎日か、2日に一回か、週一なのか。毎回どのくらいの時間を話すか。平日は何時で週末は何時に連絡を取るのか、など。相手が海外だと時差も考慮しないといけません。

    どうですか、考えるだけでちょっと疲れますか?でも一旦慣れれば生活の一部となりますよ。
    ですがこれによって二人の関係が強いかどうかが試されますね。

  3. お互いの訪問予定を決める
  4. 今後どちらがいつ相手を訪問するかを具体的に話し合うこと。
    どちらか一方が行くのか、お互いに交代で会いに行くのか。
    誰が旅費を負担するのか、などもきちんと話し合わないと、あとでもめないためにも非常に重要です。
    そして、実際に会える時こそ、お金の節約は考えずに少しだけ贅沢をするのも良い関係を維持するコツです。

  5. お互いに相手への想いを頻繁に伝えること
  6. 肌で触れ合えない分、言葉できちんと伝えることが非常に大事です。
    もともと言葉の表現が苦手な人も、遠距離恋愛にはその控え目さ?は全く通用しません。
    遠距離だと、どんなに強い間柄の二人でも、相手を疑ってしまう事が簡単に起こり得ますので、とにかく、言葉で相手に愛している気持ちを伝えましょう。

  7. 楽しむこと
  8. あえてこの話をするのは恥ずかしいことなんですが、恋人との関係は肉体的な部分のつながりが基本とも言われます。
    電話やビデオチャットを活用して、開放的にセックスを楽しみましょう!
    ここまで出来たら、遠距離恋愛がたとえうまくいかなくなってしまっても、あなたに後悔の念は残らないでしょう!
    是非頑張ってください。

このように誠実に努力する男性の意見と別に、軽い?もしくは正直な?男性の意見でこんなのがありました。

  • お互いにオープンの関係を許す
  • つまり、他の異性とのデートをお互いに許す、ということ。欧米では、付き合う相手を一人に絞る前に、複数の異性とデートをすることを良しとする暗黙の了解(必ずしも全員がそうではありませんが)があるのですが、それを遠恋でも許すと言っているんですね。
    ただ、それだと二人が将来一緒になるという具体的なプランがあるわけがないので、やはり、いずれ破綻するでしょうね。

最後に、二人が離れることで相手への想いが育つという面もあります。

二人が近い将来一緒になれるように、遠距離恋愛を応援しています!