国際結婚は文化と習慣、子育ての違い【みんなの体験談】

体験談のご紹介

オーストラリア人と結婚した女性の体験談をご紹介します。

国際結婚をしたきっかけ

私は28歳の時に結婚しました。
結婚後は日本で、私の両親と同居をしました。

結婚して今4年目ですが、彼は本当に仕事が続かないので9月にオーストラリアに仕事を探しに帰国して半年後の3月の娘の誕生日に日本に帰国。

そして寂しさに耐えれず4月からまた日本に移住というパターンをもう今年で3回目。

夫はオーストラリア出身のオーストラリア、ニュージーランド、イギリスのミックスです。

イッテQという番組でイモトアヤコさんが美男美女しか入会できないSNSにチャレンジしてました。

遊び心で母とチャレンジすると私だけ合格して入会出来ました。
そこで沢山の海外の男性と友達になり、海外男性の方が私に合うと思い、海外男性と結婚しよう!と決意しました。

国際結婚の良い点

国際結婚の良かった点は英語力が身につくこと。

私は留学経験はありませんが、日常会話に苦労することはないです。
インターナショナルスクールでも苦なく働けました。

一つ良いと思ったことは日本では大学などに入る際に学部などを決めて将来を決めなければいけません。
でもオーストラリアでは40代になろうがそれから警察官にだってなれます。

何歳になってもそれから自分のなりたいものを目指すことが出来ます。
なかなか若いうちに自分の将来を決めるのは難しいことなのでそれはとても良いと思いました。

最後に何よりも娘がバイリンガルなのがすごく嬉しいです!

私も小さい頃からそうなりたかったと羨ましいくらいです。

国際結婚の悪い点

国際結婚をして後悔している点は子育ての考え方の違いです。
夫は子供を子供とは扱いません。

育児にも非協力的です。
子連れでの外出も夫婦の妨げになると考えるほどです。

夏にディズニー旅行に行ったのですが、子供がいると楽しいのも乗れないので、次回は子供抜きで行こうと言われました。

私にとっては子供の喜ぶ姿を見たかった旅行なのでがっかりです。
そんな考えは彼が特別おかしいのかとも思いましたが、彼の母も子育て中は息子を置いて夫婦だけで海外旅行に行ってました。

あと、寝るときの違いも大きいです。
私は子供と添い寝して愛情を肌だ感じてほしいと考えます。
でも彼は寝室の2人だけの空間を取られたと怒っていました。

もっと驚いたのは子どもが生まれてまだ間もない頃に、私が娘に授乳をしていると僕のおっぱいを取られたと怒っていました。
これは海外だけに限らず、日本の男性だもいるようですが、とにかく驚愕しました。