中国人の彼女との出会い

10年前、25歳だった私は中国人の女性と付き合った経験があります

当時、某居酒屋チェーンの社員として勤めており、彼女は当時23歳で中国の大学を卒業した後日本の大学に通うため留学しに来ていました。

生活費を稼ぐため、私が働いていた店舗に配属されたのが最初の出会いでした。

第一印象は「明るい人だな」くらいにしか感じておらず、付き合い始めたときに私の第一印象を彼女に確認したところ「真面目」と一言返されただけでした。

職場での会話を通じてだんだんとに親しくなり、2人で会う機会も増えていき、私から告白して交際することになりました。

彼女は始めのうちこそ、日本語がまだ完全には理解できていない様子で、理解できない箇所は英単語やゼスチャーでコミュニケーションを取ることもありましたが、滞在期間が長くなるにつれ、日本語の不安はほとんどなくなりました。

外国人の彼女と交際してよかった点・悪かった点

日本人とは違った価値観や考え方、文化について学んだことです。

個人の性質もあるかと思いますが、彼女はとてもしっかりとした経済観念をもっており、そういう面では学ぶことも多かったように思います

また、日々の生活の中でも曖昧な表現もほとんど使うことがなく、嫌なことははっきりと口に出して自己主張しており、感心したことも何度かあったと同時に、飲食店などや買い物の際、あまりにはっきり自己主張するので、苦い経験も何度かありました。

逆に外国人である彼女と交際して悪かったと思う点も、上に述べた国による価値観の違いになるのかなと思います。

中国人の方は、日本人より両親をはじめとした親族をとても大切にしているようで、両親の頼みや助言は必ず実行していました。細かい例をあげると誹謗中傷になりかねないので割愛しますが、それが日本のモラルに多少そぐわないようなことの場合は、私が注意することもあり何度か口論になりました。

また、日本人では当たり前の曖昧な表現を説明するのにかなりの労力を要したことも印象に残っております。

私は彼女と交際したことで、たくさんのことを学べました。その経験は後に外国人の方とのコミュニケーションをする際にとても役に立ちました。

私は、良かった点・悪かった点の双方に国による価値観の違いを挙げましたが、同じ映画を見て笑ったり、はたまた感動して涙を流したり、そういった万国共通の感覚がある限り人と人との交際に垣根はないように思えました。

今ではとても大切な思い出です。